キシリトール 虫歯 作用

虫歯に良いとされるキシリトールの作用とは?

最近ではガムのイメージで
日常的に取り入れられているキシリトールではありますが、

 

それが虫歯にどう作用するのか、
詳しく知っている人ってほとんどいませんよね?

 

そこで、ここではキシリトールとは何なのか?

 

どのように作用するのか?など解り易く解説していきます!

 

キシリトールは甘みを出す甘味料です!

 

キシリトールとは天然の甘味料です。

 

イチゴやプラムなどのフルーツに微量に含まれており、
味は砂糖と違い爽快感のある甘さになります。

 

甘味料なのに虫歯菌を弱らせる

甘味料といえば、虫歯菌の餌。

 

糖質を原料とすることで、
歯を溶かす酸を発生させることが出来るわけですが、

 

キシリトールだけは、他の砂糖類とは分子構造が異なり
虫歯菌(ミュータンス菌)の餌として取り込めない特殊構造になっているのです。

 

しかし、虫歯菌は糖質として取り込もうと働く為、
栄養を取り込めずに自滅していくことになります。

 

なんとも間抜けな話に感じますが、キシリトールが虫歯菌に与える作用は
エネルギーを与えず活発に動かすことで死滅させるということなのです。

 

その他にも、だ液の分泌を促し、口腔内を整えたり、
カルシウムを歯にとどける為の再石灰化作用を促したりと、
虫歯の弊害をあらゆる面からサポートしてくれるのです。

 

キシリトールの注意点は?

 

天然素材から抽出される物なので、お口に入れる面では心配はいりません。

 

問題は量。

 

大抵は、小腸で代謝されてしまうのですが、
一度に大量に摂取をすると大腸内に留まってしまい
お腹がゆるくなる場合があります。

 

こちらも参考にどうぞ!

 

>>歯磨き粉ブリアン<<

 

ブリアン公式サイト