ブリアン歯磨き粉 何歳 いくつまで

ブリアンは何歳まで使う?気になる結論は…

ブリアン いつまで
ブリアンは虫歯菌を抑制してくれるとのことで、非常に心強いわけですが・・・
正直、何歳まで使えばいいの?! なんて疑問になりますよね!

 

決して安いわけではありませんんし^^;

 

 

そこで今回は目安として考える上で
とても役立つ情報を愛用者目線でご紹介していきます!

 

 

1、ブリアンは虫歯菌の感染リスクが高い時期に使う

ブリアン いつまで

虫歯菌に感染しやすい時期というのが存在します。

 

それが、

 

1歳〜3歳の間

 

これは単純に、
主な感染原因である両親による行動が
感染につながることが多い為、もっとも注意が必要な時期ということです。

 

 

具体的には、

 

食器の共有や口移しなど
直接口に入るようなことが感染へ繋がります。

 

ちなみに、感染経由が一番多いのが『母親』になります。

 

親が対策するのが一番

ブリアン 親子

 

子供に虫歯菌をうつさない為のもっとも有効な対策としては、
お母さんやまわりの大人のミュータンス菌(お口の中の虫歯菌)を減らすことが一番と言われています。

 

その為、この時期の子をもつ親御さんは一緒にブリアンで歯磨きするのがもっとも効果的と言えます。

 

感染予防&子供のケアもバッチリともなれば
むし歯の心配はなくなりますね!

 

 

2、虫歯になりやすい時期に使う

虫歯になりやすい

虫歯になりやすい時期も存在するので、そちらも意識しておくと
予防効果はかなり高いといえます。

 

それが6歳臼歯という一番奥に生え始める永久歯。

 

名前の通り、6歳前後から生え始めてくる奥歯になるのですが、

 

非常にむし歯になりやすい歯としても有名です。

 

  • 未成熟のまま伸びていくので、表面が柔らかく溶けやすい
  •  

  • 成長するまでに1〜2年と長期スパン。
  •  

  • 奥歯で磨きづらく汚れが溜まりやすい

 

一番失われやすい永久歯というわけです。

 

その為、虫歯菌の数を減らしておくことで
むし歯リスクを限りなく減らしておく必要があります。

 

 

ブリアンは何歳まで使った方がいいの?の結論

いつまで使う

3〜4歳までの場合は感染リスクを意識して使う目的で使用して、
できれば親御さんも一緒に使うようにして徹底するのがいいと思います。

 

 

虫歯ケアに取り組むのに少し遅かったかな?!
もうすでにむし歯で苦労してる…

 

といった方は6歳臼歯の時期を意識して
6〜7歳くらいまで使った方が安心感はかなり高いものになると思います。

 

 

逆に、歯の生えはじめからブリアンを使われるなら

 

3歳で十分かと思います。

 

しかし、その後は一切感染しないというわけではないのでご注意を!
また歯磨き粉をしっかりと吐き出せる(うがいが上手にできる)

 

というのをタイミングにしても良いかもしれませんね!
ブリアンはうがいをしなくても体に優しい無添加成分なので、

 

歯磨き粉を自分で吐き出せる(うがい)までという使い方もいいかもしれませんね!

 

 

それも恐らく4歳前後ではないかと思います。

 

 

参考にして見てください^^

 

ブリアン公式サイト