こどもの虫歯予防 歯磨き対策

こどもの歯を虫歯菌から守る〜強力なミュータンス菌と対策

 

虫歯菌というと一つだけと考える方も多いのですが、実はたくさんの原因菌が存在します。
その中でも注意しなくてはならない強力な虫歯菌がミュータンス菌になります。

 

ミュータンス菌の特徴

ミュータンス菌はお口に入った食べ物に含まれる糖を元に、ネバネバとした強力な物質をつくり歯に付着します。この物質の奥で酸をつくり歯のエナメル質を溶かして虫歯になっていくという仕組みです。
このミュータンス菌が作りだすネバネバ物質は歯磨きだけでは取り除くことが困難な程強力に付着する為、一番有効とされる対策は虫歯菌をお口に入れないことになります。

 

ミュータンス菌対策として

上記のようにもっとも有効な対策は、そもそも菌を口で増やさないことがいえます。
それをどうするのかといいますと、ミュータンス菌に感染しないことを意味します。

 

ミュータンス菌は産まれもって保有する常在菌と違い、感染する菌になります。
主な感染経由は身近な家族からと言われています。

 

簡単に言いますと『唾液』にて感染する為、
口移しなど直接的に唾が入ることを絶つことで、感染は防ぐことができます。

 

より注意したいのが、祖父母世代の方々です。
両親や兄弟が細心の注意をしていたにも関わらず、祖父母の知識が無かったために
食べ物の口移しやハシの共有をしてしまい感染してしまった…
そんな話もよくあるので、家族全員の知識と対策がもっとも重要になってきます。

 

乳歯は生え変わるし気にし過ぎでは?

 

そんな意見を耳にすることもありますが、これは大きな間違いです。
乳歯の歯を大切にしないと後々大きな苦しみに変わってしまいます。

 

まず、対策をおこなわなければ当然ながら虫歯の原因菌であるミュータンス菌がどんどん増殖していきます。そうすることで、歯に強力に付着する数が増えて進行は加速していくことになり為、負の連鎖が巻き起こるわけです。
また、一気に歯が抜け変わるわけではありませんので、
虫歯に掛かっている乳歯と隣接する永久歯に対して、すぐにミュータンス菌は巣をつくることになりますので、大人になっても虫歯に悩まされることは必然というわけです。

 

また、乳歯の内に虫歯が進行して歯を失ってしまうと、うまく生え変わり行えない為、永久歯が傾き歯並びの悪化にもつながります。

 

 

虫歯対策は生後6カ月からしっかり行う

 

まず子供自身にデンタルケア意識をしっかりと習慣化させるために、生後6カ月から歯磨き習慣を植え付けていきましょう。
この時期から少しずつでも、毎日確実に行えば歯が生えそろう頃にはしっかりと虫歯予防が定着しているでしょう。

 

ここで重要なのは、いきなり慣れさせようと無理をしないことです。
はじめは上手に磨けないのは当たり前になりますので、
『やさしく慣れさせる』ということを意識して焦らずにいきましょう。

 

 

もうすでに虫歯になっちゃったけど手遅れ!?

 

そんな悩みを抱えてる方も多いことでしょう。
すでにミュータンス菌に感染しちゃってるんじゃないかと心配になった方もいるのでは??

 

まず諦めるという選択だけは取らずに、今からできる対策を行うことで
必ず良い方へ進めていくことが出来ます。

 

ミュータンス菌は減らすことができる。
こちらを参考にどうぞ。
虫歯予防に有効な歯磨き粉

 

すでに色々とよい対策グッズがありますので、非常に心強いことは確かです^^

 

これで毎日しっかりとミュータンス菌を減らす意識を持てば、
徐々に改善へ進んでいくことは確かです。

 

これに加えて、虫歯の多い子は大抵歯磨き嫌いなので、
毎日少しずつ改善していく気持ちで頑張っていきましょう!

 

※毎日少しずつ進歩させる
※力を入れ過ぎない
※歯磨きに対して過剰にほめる
※動画や絵本を活用する
※ぬいぐるみをつかい実際に歯をレクチャーさせる

 

など、こどもの興味を向かせる工夫も有効的です。

 

 

日々の少しずつの改善が、必ず成果に繋がりますので
頑張っていきましょう!

 

 

こちらも参考にどうぞ!

 

>>歯磨き粉ブリアン<<

こどもの虫歯予防と歯磨き〜日々の心掛け記事一覧

甘くないからむし歯にはならないは嘘!

甘い物=むし歯の原因この様に多くの方は認知しているかと思います。また、それに付随して甘くないから大丈夫と勘違いしている方が非常に多くいらっしゃいます。しかし、これは大きな間違いで虫歯リスクを大きくすることにも繋がりますので、これについて詳しく解説していきます。むし歯の原因はショ糖だけではない!甘い物...

≫続きを読む

ブリアンとフッ素で虫歯予防

一歳になる娘は歯が生えてきたときから上の前歯2本の中心が黄色く白い歯みたいにツルツルしてなくガザガザでした。10か月検診の時に歯科衛生士さんに白いエナメル質の層ががない原因はまだわからないといわれ虫歯になりやすいから気を付けてと言われたので歯磨きを毎食後に必ずやろうと思いました。昔の歯磨き法は子供は...

≫続きを読む

プラークを減らすことが虫歯予防の第一歩

プラークという言葉を聞いたことがあるとは思いますが、単純に歯の汚れでしょ…という風に捉えている方がほとんどかと思いますが、このプラークというのは虫歯の原因菌の塊を意味します。(ミュータンス菌やその他の虫歯を発生させる菌)これが歯の表面にへばりついているということになるのです。フッ素入りの歯磨き粉では...

≫続きを読む

子供の歯磨きのうがいを教えるコツ集めました!

子供のうがいってどれくらいから、どのように教えますか?言葉が通じない飲み物を飲む際とごっちゃになってしまった

≫続きを読む