歯磨き嫌いこども対策 うまく歯磨きさせる方法

歯磨き嫌いのこどもの磨き方と磨けるようにする対策

子供 歯磨き嫌い

 

歯を磨かせてくれないから虫歯になってしまった…

 

他人から聞けば 『えっ?!』 と親の行動を疑われてしまうようなセリフですが、
当の親からすれば、深刻な悩みですよね・・・

暴れる…
泣き叫ぶ…
噛む…
口を開けない…
吐く…

 

毎日、毎日悪戦苦闘をしている身にもなれば
理解出来ることかと思います。

 

すっごく大変ですよね・・・

 

 

しかも、
歯磨き嫌いが進行すると歯磨き恐怖症となる場合もあります。

 

 

歯磨き恐怖症なってしまうと、苦手や磨きづらいという次元ではなく、
歯磨きを口にいれることすらできなくなってしまいます。

 

このようになってしまうと手に終えない状況に陥ってしまいます。

 

 

また、歯磨きをしないことで汚れた状態にも違和感を感じなくなってしまうため、
成長するほどに歯磨き習慣や虫歯予防意識を植え付けるのに非常に困難になっていきます。

 

こうなってしまうと一生涯、お口の健康トラブルは絶えず抱えることとなり、
体の健康にも密接に関係している為、簡単に片づけられる問題ではなくなってきます。

 

 

歯磨きを磨かせない子の対策は

 

子供 歯磨き嫌い対策

まず、焦らないことが重要です。

 

”歯磨きしないとどんどん虫歯になっていく”という心配は強く感じられるかとは思いますが、
力づくで行うことは決して解決にはなりません。

 

無理に磨くことをすれば悪化していくことになりますので、
いつのまにか習慣かしていけるように、少しずつ慣れさせることが大切です。

 

歯磨きへの第一歩はふれあいから

子供 歯磨き嫌い触れ合い

歯磨き嫌いに共通することは、触られることを極端に嫌がります。

 

まずは身近なふれ合いを増やしていき、
違和感なく口回りがさわれるように慣れさせていきましょう。

 

そして、少しずつ歯磨きをする動作を取り入れていくことで
口の中にハブラシを入れても違和感が無いように少しずつ訓練を続けます。

 

この場合も焦らずに、抱っこやこちょこちょ、顔を拭いてあげるなど
いきなり口元を意識しすぎないように注意してください。

 

ふれあいの応用として歯磨きする姿勢も習慣化

 

仰向け=嫌いな歯磨きというようにインプットされてしまっている場合も多く、

 

反射的に拒絶反応が出てしまうこともあります。

 

まずは仰向けに対する恐怖をなくすように、

 

遊びのなかで歯磨きができるような体勢を作り、楽しい姿勢ということを植えるつけることも大切です。

 

 

 

布団でごろごろしながら、膝の上に仰向けで抱えてあげたり、

 

日常のなかで、できるだけ多く仰向けの姿勢を作るなどしていく工夫がよいでしょう。

 

歯ブラシの強さも重要

ハブラシの強さ

歯磨き嫌いではなく、親御さんのブラッシングが嫌いという場合があることも多くあります。

 

つい力が入っていたり、大きな動きで歯茎や喉をついてしまったりしてませんか?

 

歯ブラシの強さの目安

 

目安としては歯ブラシの力は150gが程よい加減とされています。

 

 

数値だけでは把握できませんので、
キッチンスケールなどに歯ブラシをあてながら感覚をつかんでみるのが一番よいと思います。

 

これが意外にもソフトな加減に、きっと驚かれるはずです。
いかに今まで強く力を磨いていたのかがここで気が付けます。

 

また、コツとしては歯ブラシを動かしすぎないこと。

 

小刻みに動かし1本ずつ磨くことを基本として、1センチ以上は動かさないようにしましょう。

 

 

そして、歯科医師も実践してる非常に重要なことが、

 

歯ブラシをもつ手をしっかりと固定することです。

 

具体的には、小指と薬指でこどものアゴに沿わせて、
しっかりとブラッシングする手を固定するということです。

 

 

こうすることで、力が入りすぎたり、過剰な動きにならないので、
しっかりと磨けてこどもにも深いな思いを与えにくいというわけです。

 

 

歯磨きテクニックを学ぶ

 

最後は親御さん自身の歯磨きテクニックを学ぶことです。

 

小刻みにらせんを描く磨き方が理想とされており、
これに丁度いい力加減が加わることで子供も気持ちよさを感じるため、
必然的に歯磨き嫌いは克服していくと言われています。

 

 

感覚としては、「小刻みで微振動」

 

1秒間に5回程度、小さく動かすくらいがベストになります。

 

小さく振るわせて、マッサージしてあげるという表現がピッタリかと思います。

 

この際も奥歯を磨くときは
くれぐれも喉付きやほっぺの裏側にブラシをあてて
痛みを感じさせない様にちゅういしてください。

 

子供は痛みを感じた時点で、
たちまち歯磨きに嫌悪感を抱くようにないrますので。

 

まとめ

 

どんな状況でも親御さんが根気よく対策していけば必ず上手に磨ける時が来ますので、

 

諦めてしまうことだけは避けましょう。

 

 

その上でも、少しずつ歯磨きを習慣化させる。
そのためには、その子の気持ちなって考えてあげることが大前提にあります。

 

 

更に、親御さんのテクニックの上達も必要になってきますので、
親子で楽しみながら克服していくという感覚がもっともよいと思います。

 

私自身も、こどもの歯磨き嫌いには心底悩まされました・・・

 

とにかく毎日が憂鬱で仕方がなく、
どうして良いか悩んでいた所、見つけたわけです。

 

詳しい内容は下記で紹介してますので、
興味のある方是非どうぞ↓↓
>>歯磨き粉ブリアンのレビュー記事<<

歯磨き嫌いなこども対策〜うまく歯磨きさせる方法記事一覧

子供が歯磨きで暴れる※うちはホントに虫歯予防で苦労しました

うちの子は、とてつもなく歯磨き嫌いでホントに大変でした。。絶対に口は開けませんし、一瞬でも口に入れた瞬間に歯ブラシを噛みまくり(汗)そこで私は考えた…1、お風呂で磨くとりあえず陸でもそうなんですが…磨かせてくれないから、基本的には歯ブラシを待たせているんです。遊びながら加えていることを続けていますが...

≫続きを読む