ブリアン歯磨き粉 フッ素

フッ素入り歯磨きは虫歯予防に有効か?!

幼児期の虫歯予防に大変効果があるフッ素。
幼児の歯科検診などでも薦められるかと思います。

 

歯医者さんまで行ってフッ素を塗ってもらうご家庭や
毎日の歯磨きの中で取り入れているご家庭もあるかと思います。

 

まずこのサイトに訪問して頂いている方は
ブリアンとフッ素は一緒に使って大丈夫?!と感じる方が多いかと思います。

 

他にも、ブリアンとフッ素はどっちがいいの??
といった疑問をいだく方もいらっしゃるはずです。

 

それらに答える前にまずは基本的なフッ素のお話を紹介していきたいと思います。

 

フッ素入り歯磨きの効果と毒性について

フッ素には歯医者さんでフッ素を塗ってもらう方法と、
フッ素入り歯磨きを毎日使用するという2つの方法があります。
どれも虫歯予防に大変効果があると言われています。

 

フッ素の効果に関しては、虫歯に負けない強い歯を作るだけでなく、
殺菌作用や再石灰化をサポートする役割を果たすなど、
虫歯予防に大きな作用を発揮します。
世界各国の研究結果から信頼度は高くなっている、
フッ素は毒性があると言われており、不安に思われる親御さんも多いかと思います。

 

しかし歯磨き粉に入ってるフッ素の量はごくごく微量で健康被害にあう事はまずないでしょう。

 

ただしフッ素の毒性はどんなものかということを知っておく事は必要なことでしょう。

 

フッ素の毒性はどのようなものか

歯磨き粉などに含まれるフッ素の量は微々たるものなので、
心配はいりませんが摂取量が多くなると歯に白色の斑点ができたり、歯の形成自体に影響を与えたりすることがあるようです。

 

さらにより大量に摂取すると骨硬化症や甲状腺、腎臓にまで影響が出てくるためフッ素をたくさん塗ることイコール良いことではありません。
家庭でする分には、それだけたくさんのフッ素をとるという事はあり得ませんが、頭に入れておきましょう。

 

その効果について

フッ素はエナメル質の結晶を科学的に強化する働きがあり、酸に対する抵抗性を増加させることができます。
CMなどでもよく聞く、歯の再石灰化という失われたカルシウムが再び戻ってくる現象を促進する働きがあります。
またフッ素イオンは抗菌作用持っていますので、虫歯菌の活動を抑制すると言われており、やはり虫歯対策にフッ素は強い味方であると言えそうです。

 

いかがでしたか?用法容量をきちんと守るとフッ素ほど虫歯に対抗する力になってくれるものは無いように思います。
歯磨き粉はかならずフッ素入りのものを選びたいものですね。使い方をきちんと守って子供の歯の健康を守りましょう!

 

ブリアン公式サイト