むし歯菌感染

むし歯がうつるってどのくらい気を使えばいい??

むし歯菌感染

むし歯菌は感染するから気を付けないといけない・・・そういわれていますが、
正直、どれくらい気を使えばいいの?!と加減が分からなかったりしますよね?

 

 

完全に防ぐにはどんな些細なことでも絶たなければいけないのか・・・

 

 

どこで現在通院中の歯医者さんに直接質問をしてみることにしましたので、
よければ参考にしてみてくださいね!

 

むし歯を子供にうつさないために気を付けるには

 

つい、大人が口につけてしまった食器は、軽く水ですすぐ程度では、虫歯菌はまだ付着してますか?

どの程度口に含んだのかでも違ってきますが、洗うのであればしっかりとスポンジなどで洗う方が心配ないでしょう。

 

そもそも、そんな簡単にむし歯菌はうつるものですか?

母親のスキンシップや口移しで菌が移動することが分かっていますので、
気を使うべきことです。
また、すぐにうつると考えておけば対策や心構えがしっかりできるので、
軽く考えない方が良いと思います。

 

 

子供を虫歯にしない為の一番の予防法は?

基本的には正しい歯磨きに加えて、虫歯菌を感染させないことがもっとも重要になってきます。
ご両親が虫歯菌を多く保有しているご家庭では、とくにむし歯が多い子の割合が高い傾向にある為、こどものむし歯予防の第一歩は感染予防と考えましょう。

 

その為、子供ばかりではなくご本人(両親)の歯の治療、日々のプラーク除去に加えて、
むし歯事態を減らしていく努力をしていくことを強くお勧めします。

 

 

まとめ

むし歯予防をする上で、やはり虫歯菌(ミュータンス菌)の存在は無視できないようです。

 

その上でも、まずはうつさない努力。そして減らす努力。
これらを同時に対策していくことで、家族そろって健康的な歯や口腔環境を作ることが出来るようです。

 

うつってしまった虫歯菌と戦うならブリアン歯磨き粉はお勧めです。
大人も一緒に使えるので、家族で歯を守りたい方に…

関連ページ

虫歯のない子がもつ菌について
ブリアンの主成分・BLISM18に関する情報をご紹介します。