プラーク 虫歯予防

歯のプラークを減らすことが虫歯予防の第一歩

プラーク除去

プラークという言葉を聞いたことがあるとは思いますが、
単純に歯の汚れでしょ…という風に捉えている方がほとんどかと思いますが、
このプラークというのは虫歯の原因菌の塊を意味します。
(ミュータンス菌やその他の虫歯を発生させる菌)

 

これが歯の表面にへばりついているということになるのです。

 

フッ素入りの歯磨き粉ではプラークは減らない…

歯質の強化をしてくれて、虫歯予防に有効とされるフッ素入りの歯磨き粉ですが、
一生懸命歯磨きした所で、プラークの量は減っていかないのです。

 

どういったことかといいますと、虫歯菌(プラーク)保有数は、
フッ素歯磨き粉ではコントロールすることができないため、いくら一生懸命歯磨きしても虫歯リスクは常に一定だということです。

 

新しい虫歯予防の観点

 

虫歯リスクを減らす善玉菌歯磨き粉

虫歯リスクを減らすためには、表面的な部分に力を入れるのではなく
抜本的な対策が重要だということです。

 

これはデンタルケア意識が高い国ではごく一般的な観点で、
歯を重要な臓器としてとらえていることから、予防優先のすぐれた対策といえます。

 

虫歯予防という観点で日本を見ると、世界に比べてむし歯後進国ともいえる程。
子供のむし歯保有数平均も世界184か国中で下から数えた方が断然早いような状態です。

 

その日本で一般的なことが、単純に歯を磨くだけ…といったもの。

 

これを脱却する為にも、プラークの比重を減らす(虫歯菌除去)
もっとも確実な虫歯予防にシフトすることが有効的だと言えます。

 

日本だと虫歯菌抑制する市販品は一つだけ…

 

ウェステリア製薬会社が開発販売している虫歯予防歯磨き粉ブリアンだけになります。

 

虫歯菌の中でもとくに強力なミュータンス菌にフォーカスしており、
虫歯予防の大前提にある菌の抑制に大きな働きをしてくれます。

 

ブリアンの詳しい情報はこちらへどうぞ!

関連ページ

甘くない物も危険!
甘くないからむし歯にならないと思っていませんか?!気が付いたらむし歯だらけに…なんてことにもなりかねませんので、是非知って頂きたい知識になります。
ブリアンとフッ素
ブリアン歯磨き粉とフッ素塗布で虫歯予防をしてらっしゃる方の虫歯対策をご紹介
うがいのコツ
こどもの歯磨きで一番大変なのってうがいを教えることだったりしませんか?そんな悩み〜みなさんの工夫を参考にしてみませんか?